原価をつかんでコストダウン

保証時報①縮小.jpg

 

 兵庫県信用保証協会の機関誌『保証時報』に、『原価をつかんでコストダウン』という記事を書かせていただきました。

 また、昨日は、(公社)大阪府工業協会主催のセミナーで、『原価把握とコストダウン』というテーマで講義させていただきました。

 これまでの中小企業支援活動のなかで、「原価をしっかり把握している企業はほぼ間違いなく利益を確保している」こと、 逆に、「赤字企業の多くが原価を把握できていない」ことを実感しています。 

 ここで原価というのは、一つひとつの製品1個当たりの原価のことです。

 この経験を踏まえて、上記の記事を書きましたし、セミナーでお話しさせていただいています。

 

 

 

 

 

 

  

 製品別の原価、製品別の利益をつかめば、経営者、管理者は、かならず行動開始します。 それが最善の策かどうかはともかく、必ず何らかの手を打っていきます。 コンサルタントのアドバイスがなくても、これまで培ってきた問題解決の成功体験をよりどころにして取り組まれます。

 ところが、製品別の原価を把握していない企業が多いのが実態です。 品質も納期も、問題があれば、その問題は顕在化してくれます。 問題は「飛び込んできてくれる」のです。 しかし、原価の実態は意図して、計算しなければ浮かんできません。 実態がつかめないのですから、問題もはっきりしないのです。 

 ものづくり企業にとって、原価を把握すること、そしてコストダウンに積極的に取り組むことはとても大切なことです。 このことに否と答える経営者・管理者はいません。 でも、実際は原価を把握できていない、把握していないのです。

 製造原価報告書の作成は、経理の仕事ですが、製品一つひとつの原価をつかむのは、製造管理者の仕事です。 これからも、この視点から中小製造業の経営改善、現場改善の支援に取り組んでいきます。 もちろん、お客様の満足に直結する品質・納期の確保・レベルアップにも力を注いでいきます。

  保証時報②圧縮.jpg

 

原価把握とコストダウン修正.png

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blog.genki-company-consultant.com/mt/mt-tb.cgi/107

コメントする

MTBlog42c2BetaInner

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

アイテム

  • 51MR1KTQHKL._SX344_BO1,204,203,200_[1].jpg
  • 部下を育てるものの言い方③.png
  • 部下を育てるものの言い方.jpg
  • 経営がみえる会計.png
  • 経営がみえる会計.jpg
  • 組織の3要素②.png
  • 組織の3要素.png
  • 組織の3要素③.png
  • 組織の3要素② 圧縮.jpg
  • 組織の3要素 圧縮.jpg
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.261