2014年9月アーカイブ

とても美味しい、新しいタイプのお酒を発見しました。 touketu[1].jpg

アルコール度数が25度もあるお酒です。 私は、ロックでいただきました。

氷が溶ける前の度数の高いときも大変に美味しいですが、すこし溶けた後、自分の好きな濃さのタイミングを逃さず飲むと、これがまたまた、うまい。

酒造メーカーのホームページには、「前面凍結法」という特別な製法を用いていると説明されています。

日本酒が好きな方、米焼酎・麦焼酎好きの方が、どんな感想を持たれるか興味津々です。

最近、私の自宅近くにあったお酒の量販店が店をたたんでしまい、各地の地酒を飲むのを楽しみにしている私としてはたいへんさびしいですし、不便になってしまいました。

このロックのお酒も酒造メーカーの通販が一番便利かもしれません。一度試してほしいです。

 

酒造メーカーのホームページに書かれている酒質をコピーしておきます。

・原料米:兵庫県産五百万石・兵庫県産兵庫北錦

精米歩合:麹米63%・掛米68%

・酵母:701号・KT-901

・アルコール度数:25度

本年度下期、ポリテクセンター兵庫の生産管理『保全・管理』の7コースを担当します。 ポリテク兵庫でセミナーを担当させていただくのは7年になります。 中小企業の製造系の社員の方々と、管理・改善の考え方や手法について研究するのは大変に楽しいです。

今年の上期、4月から9月までの6コースは予定通り開催できました。下期も全コース開催に向け、講義内容の充実を図っていきたいと考えています。

パンフレットを添付します。 受講希望の方は、ポリテク兵庫の方に問い合わせください。

ポリテク14下①.png

ポリテク14下②.png ポリテク14下③.png

今年度の下期、製造業の改善推進リーダー層を対象に『現場で取り組む工場改善実践プログラム』と銘打ったセミナーを開催します。

10月から来年3月まで、毎月1回の開催で全6回です。

第1回 製造現場の問題解決 (10月18日(土))

第2回 品質不良の再発防止 (11月22日(土))

第3回 原価把握とコストダウン (12月6日(土))

第4回 ムダの見える化と作業改善 (1月24日(土))

第5回 納期短縮と段取り改善 (2月14日(土))

第6回 メンバーの技能とやる気を高める (3月14日(土))

※6回を通しての受講も、希望する回だけの受講も可能です。

品質、コスト、納期の改善から作業のムダ取り、モラールアップまで、現場運営と問題解決の基本を学んでいただく、職場で実践していただくことを狙ったセミナーです。

また、知識習得だけでなく、豊富な演習とグループディスカッションを通して、工場改善の進め方・改善手法を体感的に身に着けていただくプログラム構成にしています。

O14下パンフ

『はじめに』から

マニュアルと聞くと「無機質で、冷たい印象がするもの」と思うかもしれません。・・・

無印良品のマニュアルは、決して無味乾燥なものではありません。むしろ、日々の仕事に生き生きと取組みながら、成果を出していくことができる最強の"ツール"です。

楽しく、ムダなく働きながら、仕事の成果を出していくことができるのです。・・・・

・シンプルに仕事ができる仕組みがあれば、ムダな作業がなくなります。

・情報を共有する仕組みがあれば、仕事にスピードが生まれます。

・経験と勘を蓄積する仕組みがあれば、人材を流動的に活用できます。

・残業が許されない仕組みがあれば、自然と生産性が上がります。

 

『年間440件の現場の知恵を逃さない』からmujirushi.png

多くの会社では、マニュアルは"上の人たち"が作成しているでしょう。

トップダウンで決めごとをつくり、現場に渡しているのではないかと思います。

無印良品でも、最初のマニュアルは本部主導で作成していました。けれども、店舗で頻繁に使われ、すべての店の業務を統一するというレベルにまでは達しませんでした。

なぜなら、「現場を知らない人」がつくっていたからです。

現場の問題点を知っているのは、やはり現場の人間です。

埃のたまりやすい場所がある、棚の角が出ていて作業がしずらいといった、ちょっとした問題点は、本部の人間がたまに視察に訪れるくらいでは、なかなか気づきません。

マニュアルをつくるときには、この知恵を拾い上げる、つまりボトムアップの仕組みを整えることが大切です。

マニュアルは、それを使う人が、つくるべきなのです。

また、特定の部署だけがつくるのではなく、必ずすべての部署に参加してもらうこと。さらにいうなら、すべての社員が参加できる道筋を整えておくのがコツです。

マニュアルを活用している中小製造業はどのくらいあるでしょうか?

良品計画会長の松井氏の著された『無印良品は、仕組みが9割』には、マニュアルの大切さと、その活用成功の秘訣が、とても丁寧に、平易に書かれています。 いい仕事をして、お客様に満足していただく基盤に、マニュアルを活用する現場があるのです。

流通・サービス業だけでなく、製造業の管理監督者にも、気づきを与えてくれる本です。

最近、新しい(私にとってということですが・・・)音楽を聞くようになりました。

ひとりは、Ry Cooder さん。 いろいろなスタイルのギターとヴォーカル。新鮮です。もちろん私にとってということです。

417nX--O0nL[1].jpg

次は、Van Morrison さん。ピーター・バラカンさんが高く評価されている音楽家。どうしてこれまで聞く機会がなかったのか不思議です。 「THE BEST OF VAN MORRISON」「MOONDANCE」「INTO THE MUSIC」の3枚を聞きました。

41842NHEYZL.jpg

さらに、Chieftains 。「ANOTHER COUNTRY」「THE LONG BLACK VEIL」の2枚を聞きしました。後者には、Van Morisonさん、Ry Cooderさんも参加しています。

61Ma4N1vNtL.jpg

カントリーミュージック・ブルーグラス、ジャズ、クラッシク、日本のPops などなど、いろいろな音楽を聴き、CDを集めてきたのですが、ここに上げた上質な音楽が抜けていたのです。 

"うんちく"を語れないのは残念です。どれも発売時期は古いのですが、私にとってはとても新鮮です。 聞いていない音楽、まだまだありそうです。 ピーター・バラカンさんの本を参考に、聞いていきましょう。

 

MTBlog42c2BetaInner

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

アイテム

  • touketu[1].jpg
  • ポリテク14下③.png
  • ポリテク14下②.png
  • ポリテク14下①.png
  • O14下パンフ
  • O14下001.jpg
  • mujirushi.png
  • 51LneCdUKkL[1].jpg
  • 61Ma4N1vNtL.jpg
  • 41842NHEYZL.jpg
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.261