いかなごの釘煮づくりの記録

 いかなごの釘煮、春のイベントです。 

 妻は、毎年楽しんでいます。 食べることより、つくること自体が楽しいといいます。 親戚、知人も、たぶん、待っていてくれているのだろうと思います。

 2月28日、いかなご漁が解禁になってすぐ、まず2kgをつくりました。

 今年は、調理しているところを観察・記録しておくことにしました。 はじめてです。

  

01P1020405.JPG①材料の調達

  メインの材料は生の「いかなご」です。

  近くのスーパー(イオン・リバーシティ)で購入。

 価格は1kgで880円。

 一連の作業は、1kgのいかなごを煮る場合のものです。

 

 

 

 

02P1020470.jpg②水洗い(流水を掛け流す)

  ボール+ザルに、いかなごを入れて、しばらく、流水で洗います。 シャワー状にした水道水を掛け回す感じです。

1~2回、手で軽く上下を返す。

 

 

 

 

 

04P1020472.jpg③水洗い(ボールにザルをつけ、ザブザブ)

  途中何度か、ボールにザルをつけ、ザブザブと洗います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

03P1020471.jpg④水洗い終了 

  ボールの水の濁りがほとんどなくなったところで、終了。

  右の写真の濁りは、まだ終了ではありません。もう一息です。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

05P1020479.jpg⑤水切り 

  ボールの中に小さなザルを置き、その上に、洗い終えたザルを乗せます。

 水切りの時間は、10分程度か。

 煮汁づくり、生姜の千切りなどの作業を行っている間、そのまま水を切っています。

 

 

 

 

06P1020402.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑥生姜の皮む07P1020403.jpg  

  生姜は、流水の下で、ナイフを使って、大雑把に痛んだところは取り除きます。 あまり神経質には行っていません。 

 

 

 

  

 

  

08P1020404.jpg⑦生姜を洗う

  たわしで、表面の汚れをとります。

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

09P1020406.jpg⑧生姜の皮むき完了

  ざるに入れておきます。

 

  

 

 

 

                                                            

10P1020410.jpg⑨煮汁づくり

  砂糖(きざら)を計量する。

  いかなご 1kg に対し、200g。

  他所のお宅より少なめ。 多いお宅では 230~250g とのこと。 

 

 

 

 

 

11P1020413.jpg 砂糖をなべに移す。

 

 

 

 

 

 

 

 

12P1020414.jpg お酒を計量し、なべに入れる。

 いかなご 1kg に対し、100CC。

 

 

 

 

 

 

 

13P1020416.jpg ミリンを計量し、なべに入れる。

 いかなご 1kg に対し、100CC。

 ※お酒、ミリンの合計量は200CCが適量。

   お酒とミリンの割合は、お好み。

   レシピ本では、ミリン150CC+お酒50CCが標準。 

 

 

 

   

 

14P1020420.jpg お醤油を計量し、なべに入れる。

 濃い口醤油を使用。

 いかなご 1kg に対し、200CC。

  ※薄口醤油を使う人もおられます。 好みです。 

 

 

 

 

 

 

15P1020421.jpg 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

16P1020422.jpg なべを火にかける。

 沸騰するまで、強火。

 

 

 

    

 

 

 

17P1020424.jpg⑩生姜の千切り

 生姜を千切りにする。細め。 1mm□ 程度。

 生姜の量は、いかなご 1kg に対し、50~70g程度。

 ※実山椒を入れる場合の量。

   実山椒を入れない場合は、100~150g程度。  

 

 

 

 

18P1020482.jpg ※できるだけ細い千切りにする。

   食感を浴するためです。

 

 

 

 

 

  

 

19P1020430.jpg⑪煮汁を適時まぜる

  煮汁をこがさないように適時まぜる。

 

  

 

 

 

 

 

 

20P1020432.jpg⑫実山椒の準備

  今回はぶんせんの「みざん」を使用。

  いかなご 1kg に対し、35~50g。

  お好みにより、実山椒は入れなくてもよい。

 

 

 

 

 

 

21P1020436.jpg⑬クッキングペーパーで落し蓋づくり 

  右の写真の形状のものを使用。 経験上、この形がよいとのこと。

 

 

  

 

 

  

 

 

22P1020442.jpg

⑭材料をなべに入れる

 まず、洗い、ざるをあげておいたいかなごの半量をなべにいれます。手でなべそこに均等に置く感じです。 

 

 

 

 

 

 

 

23P1020444.jpg つぎに、千切りした生姜を、これも半量ほど入れます。

 いかなごの上からまく感じです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

  つぎに、煮 山椒を、これも半量(20g)ほど入れます。24P1020445.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 


  こんな感じに入れます。25P1020446.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

26P1020448.jpg もう一度、同じ作業を繰り返します。

 

 

 

 

 

 

 

 

27P1020450.jpg いかなごを入れます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 生姜と煮山椒を入れます。28P1020453.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

29P1020455.jpg 

⑮クッキングペーパーで作った落し蓋を置く

 

 

 

 

 

⑯煮る

30P1020457.jpg  最初、火力は強火。

 沸騰したら、中~強火に。 

 ふきこぼれないように調整する。

 

 

 

     

 

 

 

31P1020459.jpg  ふたは隙間をあける。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

32P1020484.jpg⑰煮詰める

 煮汁がわずかに残るところまで煮詰めます。  

 煮ている間、いかなごに触りません。 

 ※煮る時間:妻は1時間程度は煮ます。  

         固からず、柔らからずです。 

 

 

        

 

 

33P1020489.JPG⑱いかなごをひっくり返す

 なべを振って、いかなごをひっくり返します。 

 数回(2~3回程度)まで。 

 いかなごが崩れないように注意しつつ、大胆に。 

 

 

 

 

 

 

34P1020491.jpg⑲ザルにあける

 でるだけ大きな、面積のあるザルに広げます。 

 1kgの場合、直径30cm程度のザルを使っています。  

 

 

 

 

 

 

35P1020493.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

  

36P1020495.jpg

 

 

  

  

 

 

 

 

 

37P1020500.jpg⑳団扇であおぐ

 湯気がでなくるまで。 

 

 

 

 

  

 

 

38P1020508.jpg◎完成

 

 

 

 

 

 

 

 

  

39P1020509.jpg◎味見1

 今年もおいしく出来上がりました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎味見2

 これも例年の行事。 できたてで、一杯。 これは私の唯一の仕事で。

41P1020519.jpg

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blog.genki-company-consultant.com/mt/mt-tb.cgi/69

コメントする

MTBlog42c2BetaInner

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

アイテム

  • 51MR1KTQHKL._SX344_BO1,204,203,200_[1].jpg
  • 部下を育てるものの言い方③.png
  • 部下を育てるものの言い方.jpg
  • 経営がみえる会計.png
  • 経営がみえる会計.jpg
  • 組織の3要素②.png
  • 組織の3要素.png
  • 組織の3要素③.png
  • 組織の3要素② 圧縮.jpg
  • 組織の3要素 圧縮.jpg
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.261