新製品・新事業開発を成功に導くヒント ~顧客創造の視点から~

img_1068.png 昨年11月に 『今の事業の仕組みを見える化し、新しい事業を設計し、試行錯誤する』 という記事をこのブログに書きました。これは、マーク・ジョンソンさん著書 『ホワイト・スペース戦略』 に書かれている見方・考え方・取組み方が、中小製造業の革新のための「道しるべ(道標:物事の順序を教えて手引きの役をするすること、もの)」として有用だと考え、紹介させていただいたものです。

 「顧客の未解決のジョブ」を発見し、それを解決する「顧客価値提案」を核に事業を組み立て、イノベーションにつなげることを説いています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

41rpjuqFoqL._SS400_[1].jpg ホワイト・スペース戦略が発行されるしばらく前に、宮永博史さん(東京理科大学 MOT大学院 教授)が 『顧客創造』 という本を出されています。この中で、宮永先生は 「顧客のボトルネックを発見し、顧客を創造する」という表現で、 「顧客創造」の大切さ、具体的な顧客創造への方法論を説かれています。これもとても役に立つものです。

 事例として取り上げられている企業が日本の企業・機関であり、顧客創造が身近なものと感じられましす。

 また、「本当に使えるSWOT分析の手順」という解説は、 SWOT分析の効果に少し疑問をもっていた私にとって、「なるほど・・・! そうだったのか! こう取り組み方をしたらSWOT分析は役にたつ!!!」 とSWOTの意義・有効性を "腑に落として" くれました。

 

 

 

 

 

 

 「顧客価値提案」 「顧客創造」 と使っている言葉は少し違いますが、新製品・新事業を創造するための根本的な見方・考え方・取り組み方には近いものがあります。

 少しずつではありますが、「中小製造業のイノベーション」への道が見えてきたということもありますので、ひょうご経済戦略2月号 「経営相談Q&A」 のコーナーに 『新製品・新事業開発を成功に導くヒント』 という文章を掲載していただきました。 宮永先生の「顧客創造」 に書かれた事例のひとつと、「顧客創造」の考え方を、Q&Aの形で紹介させていただきました。

 

002.jpg

http://www.genki-company-consultant.com/report.html#06

 

 経営資源が限られている中小製造業が、新製品・新事業開発を成功させる重要なポイントのひとつが、「競争に明け暮れるフィールド」 から外れ、「顧客を創造する道」を拓くことだと考えます。 そして、その第1ステップが、顧客の「未解決のジョブ」「顧客のボトルネック」を発見することです。では、どうやって発見するか?

 ホワイト・スペース戦略(マーク・ジョンソン)、価値づくり経営(延岡健太郎)、顧客創造(宮永博史)、知識創造(野中郁次郎)、そして、イノベーションのDNA(クリステンセン他)。 イノベーションに取り組むための哲学、方法論は集まりました。 ここからは、実践です。

 

※宮永先生の書かれた 『セレンディピティ』 『ひらめきを生む発想術』 という本もまた、いろいろな気づきを与えてくれます。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blog.genki-company-consultant.com/mt/mt-tb.cgi/67

コメントする

MTBlog42c2BetaInner

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

アイテム

  • 51MR1KTQHKL._SX344_BO1,204,203,200_[1].jpg
  • 部下を育てるものの言い方③.png
  • 部下を育てるものの言い方.jpg
  • 経営がみえる会計.png
  • 経営がみえる会計.jpg
  • 組織の3要素②.png
  • 組織の3要素.png
  • 組織の3要素③.png
  • 組織の3要素② 圧縮.jpg
  • 組織の3要素 圧縮.jpg
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.261