(社)大阪府工業協会主催  『原価把握とコストダウン活動』開催

原価把握とコストダウンセミナー①.png 現場の長、リーダー層のコスト改善力強化を狙いとして、『原価把握とコストダウン活動』セミナーが2012年3月2日(金)、3月16日(金)の2日間にわたって開催されます。 機会がありまして本セミナーの講師を拝命しましたので、ご紹介させていただきます。

 これまで兵庫県内を中心にコンサルティング・セミナー活動に取り組んできました。今回はじめて大阪でセミナーを開催させていただきます。よろしくお願いします。

 

 「原価」は誰のためのものかでしょうか? 皆さんはどのようにお考えになっているでしょう。

 経営者が経営判断のために使う。経理が決算書をつくるために使う。設計技術者がお客様のコスト要求をみたせているか評価するために使う。営業が見積りを設定するために使うなど、さまざまな場面で原価・コストが顔を出します。

 それぞれ大切ですが、もっとも重要で、基本的なのは、現場での管理と改善のために使う「原価」です。

※ここで現場とは、製造はもちろん、設計、購買、品質管理、物流などを含めた「ものづくり」にかかわるすべての「場」のことをいいます。

 

 材料・手間・もろもろの品物・設備・資材を使って製品をつくり、顧客価値を創造し、利益を生み出す。これは製造業の基本的な役割、存在目的です。そして、獲得した利益を新製品開発や製造技術、製品技術のレベルアップのために再投資する、そんなスパイラルアップサイクルを回していくことが企業の成長には不可欠です。

 これら一連の活動を進めるのは、現場の力といっても過言ではありません。 企業が生き残り、成長していくには、現場の力、とりわけ「コスト改善力」を強化することがとても重要です。

 今回のセミナーでは、現場が、現場のため、ものづくりのために使う「原価」にスポットをあてて、具体的にどのように取り組んだらコスト改善力がつくのかといったことを、受講者と一緒に考え、研究していきます。

 受講者に 「なるほど! そういうことか!! やってみよう!!!」 という気持ちになってもらえるように、原価把握から、コストダウンの手法、活動の進め方まで、総合的なプログラムを用意しています。

 

 多くの方の参加を期待しています。

 詳しくは、(社)大阪工業協会にお問い合わせください。 ホームページはこちらです。

 パンフレットコピーを「元気カンパニー仕事研究所」ホームページに掲載しています。カリキュラムの内容等が丁寧に説明されています。参考にしてください。こちらです。

 

大阪府工業協会HPこぴー.png

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.blog.genki-company-consultant.com/mt/mt-tb.cgi/53

コメントする

MTBlog42c2BetaInner

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

アイテム

  • 51MR1KTQHKL._SX344_BO1,204,203,200_[1].jpg
  • 部下を育てるものの言い方③.png
  • 部下を育てるものの言い方.jpg
  • 経営がみえる会計.png
  • 経営がみえる会計.jpg
  • 組織の3要素②.png
  • 組織の3要素.png
  • 組織の3要素③.png
  • 組織の3要素② 圧縮.jpg
  • 組織の3要素 圧縮.jpg
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.261