2011年12月アーカイブ

///// 書き残しておきたい言葉 /////

「なるほど」「そのとおり」と感じる言葉、腑に落ちる言葉に出会うことがあります。 しかし、しばらくすると「・・・いい言葉があったんだけど、何だっけ・・・」となってしまうことが多いです。 ことに最近、こんなことがめっきり増えてきました。これは困ったものです。また、もったいないことです。そこで、まめに記録に残すことにしました。

 

50や60は花なら蕾。70、80は働き盛り。90になって迎えが来たら、100まで待てと追い返せ。

最近知った言葉・格言(?)です。京都大徳寺ご住職尾関師の額にある言葉とのこと。

説明は不要ですね。

ほんの少し前であれば、この言葉を聞いてもあまり心が動かなったと思います。 今は、「そのとおり、そのとおり」と一人うなずいています。

 

この言葉に近いものが、小泉内閣メールマガジン バックナンバー 第36号(2002/02/28)にも載っていました。

50、60花ならつぼみ。70、80花盛り。100になったら実を結ぶ。

 

100になったらどんな実がなるものか、早く見てみたいものです。でも、この世で見ることができるか・・・・

 



///// 書き残しておきたい言葉 /////

「なるほど」「そのとおり」と感じる言葉、腑に落ちる言葉に出会うことがあります。 しかし、しばらくすると「・・・いい言葉があったんだけど、何だっけ・・・」となってしまうことが多いです。 ことに最近、こんなことがめっきり増えてきました。これは困ったものです。また、もったいないことです。そこで、まめに記録に残すことにしました。

 

Stay Hungry, Stay Foolish.

ハングリーであれ。分別くさくなるな

  ※『スティーブ・ジョブズ』の翻訳者井口耕二さんの訳

 

 スティーブ・ジョブズ氏が2005年春に米スタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチの最後を締めくくる言葉です。

 言葉のこころは、「日常に甘んじないでね! 世間の常識や既成概念にしばられないでね!」ということでしょうか。

 この言葉のことを知った少し後、セレンディピティのことを書いた本(『セレンディピティ』宮永博史著 祥伝社)を読みました。

 その中に、「セレンディピティを遠ざける『玄人発想』」という節があり、3Mのポストイット開発の例をひいてこんなことが書かれています。

・・・その後も多くの難題にぶち当たりますが、彼は研究者らしからぬ営業力、企画力、マーケティング力をもって、乗り越えていくのです。そこにあったのは、研究の対象以外に知識も固定観念もない「素人」が、ゼロから発想する力、素直に行動する力です。逆説的ですが、セレンディピティを遠ざけてしまうものとして、「玄人発想」があります。とかく経験を積むと中途半端な常識ができてしまい。せっかくの発想の芽をつんでしまいます。・・・

 ここに書かれていることと"Stay Hungry. Stay Foolish."が私の頭の中で響き合っています。

 

※"Stay Hungry. Stay Foolish."という言葉のは、60年代のカウンターカルチャー(ヒッピー世代)のバイブル Whole Earth Catalogの最終号の裏表紙に記載されていたとのことです。

旧HP ホーム.png 昨年2010年8月に開設したホームページを renewal することにしました。

 googleで「元気カンパニー」をキーワードに検索すると、「元気カンパニー仕事研究所」のホームページが上の方に出てくるようになりました。 また、「元気カンパニー仕事研究所」で検索すると、中小企業支援機関に掲載されている研究所の紹介ページもヒットします。きっと、研究所のホームページをのぞいてくれる方がいらっしゃるのだと思います。感謝です。

 また、「ホームページを見ました」という問い合わせをいただき、セミナーやコンサルティングの仕事につながりだしており、ホームページなどによる情報発信が大切であることを認識しています。

 

 コンサルタント事務所「元気カンパニー仕事研究所」を立ち上げてから4年が経過した来年1月に、新しい雰囲気のホームページに移行します。 雰囲気だけでなく、コンサルティングの領域を広げることを打ち出します。

 

新HP ホーム.png これから、コンサルタントとしての基盤は従来通り「製造業の体質改善支援」に置いていますが、これまでの経験を踏まえ、経営革新、新製品・新事業開拓の分野にも対象領域を広げていきたいと考えています。

 中小の製造企業にとって、既存の事業領域の中で、もちろん改善努力はするとしても、これまでと同じようなやり方で事業を続けるのは、大変に難しい時代になってきています。 現場力を高め、お客様に満足いただけるQCDの製品をつくりだすことを大前提に、さらに、お客様の未解決の課題を解決するような 『新しい視点・発想』 による事業・製品づくりが求められています。

 

新HP 入り口.png そこで、これからの取り組みのコンセプトを 「 『新たな道』 を拓く 」 という言葉で表してみました。

 新年早々に renewal の予定です。 機会があればのぞいてください。よろしくお願いします。

 

 

 

 

MTBlog42c2BetaInner

2016年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

アイテム

  • 新HP 入り口.png
  • 旧HP ホーム.png
  • 新HP ホーム.png
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.261